酸洗い時に注意すべきポイント・デメリット

金属の表面加工をするために欠かせない酸洗い

金属に溶接、ロウ付けなど熱を加える処理を施すと、その表面にスケールと呼ばれる酸化皮膜が発生します。硫酸や塩酸などの酸性の水溶液を張った槽にそのような金属製品を浸け込み、スケールや溶接焼け、錆などを洗浄、除去するのが酸洗いです。酸洗いで金属素材の表面をきれいにする事で、その後の研磨作業の効率を良くしたり、メッキの密着不良を防いだりする事が出来ます。
また、ステンレスの場合、熱や切断などでダメージを受けた不動態皮膜(酸化腐食に抵抗する酸化皮膜)を再形成するためにも、酸洗いによる浸漬処理が用いられます。表面を酸洗いで活性化させ、不動態皮膜を再形成させる事により、ステンレス本来の錆に対する強さや耐久性を取り戻す事が出来ます。

酸洗いで気を付けなければならない事とは?

酸洗いの際には、塩酸や硫酸など危険性のある物を扱うため、こうした薬剤による事故のないように安全対策を徹底する必要があります。
金属の種類によって使われる酸の種類、濃度や比率、温度、時間などが違うので、間違えないように注意しなくてはなりません。仕上がりにトラブルが起きないよう金属の様子を観察しながら、必要に応じた薬剤を加え状態を調整します。酸洗いの際には、有毒なガスが発生することがあるので吸い込むようなことがないよう、排気や換気も大切です。また酸洗い後の溶液もそのまま普通に下水に流すという事は出来ません。酸洗いは、そうした行程後の処理も含めて事故のないように、設備の整った場所での安全な作業が大切です。