知っておきたい!酸洗いの作業手順とメリット

酸洗いってそもそも何のために必要なの?

金属は触ることなく空気に触れているだけでも錆び付いて変色しますよね。
毎日使って汚れが付着したり傷が付いたり…艶やかな輝きがますます損なわれてしまいます。
酸洗いは金属のキレイな輝きを取り戻すための大切な作業です。
主に金属加工の工場で行われたりするのがほとんどですが、美術で銅板等を使用したエッチングでもよく用いられます。
使用する薬剤は硫酸や塩酸、表面に付着したサビを溶かして落とすことで、キレイな輝きを取り戻します。金属の輝きは、商品や作品の出来栄えを左右する最も重要なポイントです。気を抜くことは決して許されません。ちょっとした油断が「大きな失敗」に繋がりかねないからです。
酸洗いは、全神経を研ぎ澄まし、金属の微妙な変化をしっかり見つめ最高のベストタイミングで取り出すことが大切です。

プロが教える酸洗いのテクニック

酸洗いは一つ間違えると返って酸焼けを起こして大切な金属を傷つけたりムラができたり…難しい作業です。 手順として、まず余分な汚れや油が残っていると変な化学変化を引き起こしかねないので、油などを用いて細心の注意を払ってキレイにします。これを前処理といいます。 次に前処理で使用した液剤等をキレイに水洗いしてまっさらな状態にするのです。 いよいよ酸洗い、製品や作品に酸がムラなく十分に掛かるように工夫しながら酸の中へ漬け込みます。この時空気が紛れ込まないようにしなければなりません。空気があると酸がその部分に付着しないので周囲の色と変化が生じるからです。 十分にムラなくキレイになったら徹底的に水洗いします。酸が残っているとせっかくの成功が無駄になってしまいます。ご自宅に高圧洗浄機等があるならそれを用いて一気に洗い流しましょう。